札幌パシフィック法律事務所の遺産相続

遺産相続

遺産相続に関するご相談は
豊富な実績のある私たちにお任せください。

遺産相続は、大きく分けると財産をあげる側財産をもらう側に分かれます。
財産をあげる場合、生きているうちにあげると贈与税がかかるため、最もお得な財産継承の方法を選択することが大事です。亡くなった場合にあげる遺言では、いかにごご自分の遺志を確実に文章化するかがポイントになってきます。
また、財産をもらう場合、当事者だけの話合いで解決できれば問題ありませんが、裁判所の手続を通じなければ解決できない遺産相続も多く存在します。そして、マイナス財産(つまり借金)の相続放棄をしたい場合は、いくつかの書類を期限内に提出しなくてはなりません。
どの場合にせよスムーズに事を進めるため、専門家である私たちに是非ご相談ください。

財産をあげる側

生前贈与生きているうちにあげたい

生前贈与をする場合は、ご自分の目の黒いうちに財産を移転することができます。しかし、そのやり方によっては死後に配分が是正されてしまう(特別受益)とか、多大な税金が発生する(贈与税)という問題があります。最もお得な財産承継の方法を選ぶために、事前に専門家に相談しましょう。

遺言亡くなったときにあげたい

亡くなった際にご自分の遺志に基づいて財産を渡したいときに作るのが遺言書です。遺言書はご自分でも作ることができますが、法律が定めた様式にのっとって作らなければ効力を持ちません。また、遺言書が発見されないとか、隠されてしまう場合の対策も必要です。さらに、遺言書の内容によっては、ご自分の死後にその遺言内容が是正されてしまう場合(遺留分)もあります。そこで、ご自分の遺志を確実に遺言に文章化し、また、遺言が確実に実現される方法(遺言執行者)をとるためにも、専門家のサポートをご活用ください。

財産をもらう側

遺産分割財産をもらいたい

兄弟の仲が悪くなってしまう一番の原因は遺産相続と言われています。不思議なもので、人間はタダで財産をもらえるときの方が欲深くなってしまうようです。共同相続人の中に、親の生前に財産をもらったとか(特別受益)、親の介護をしていたとか(寄与分)いうケースでは、単純に法定相続分で割り切ることはできません。そのようなとき、当事者だけの話合い(協議)で解決できれば問題ありませんが、裁判所の手続(調停・審判)を通じなければ解決できない遺産相続も多く存在します。そのような場合に、専門家の力を借りて財産状況を調査し、ご自分の正当な取り分を守るためにもご相談いただくのがよいでしょう。

相続放棄財産(借金)をもらいたくない

相続によって承継されるのは、プラスの財産だけではなく、マイナスの財産すなわち借金も含まれます。相続発生後に何もしないでいると、遺された借金についても責任を負わなければならない事態が生じます。そこで、財産をもらいたくないという場合だけでなく、借金の責任を免れたいという場合には、相続放棄の手続が必要です。相続放棄を行うためには、家庭裁判所において「相続放棄の申述」という手続を行う必要があります。この相続放棄について重要なことは、3か月の期間制限があることと、一定の必要な書類があることです。迅速に相続放棄の手続を実現したいときは、お早めに専門家にご相談ください。

遺産相続・近時の解決事例

60代男性の遺産分割

相談前
死亡した母親の不動産や預貯金を兄弟2名で争う状態
相談後
相手方が使い込んだり生前贈与を受けたりした財産の調査を行い、約700万円の特別受益を認めさせた上、約3600万円相当の遺産を獲得。

20代女性の相続放棄

相談前
会社経営者の親が突然自殺し、約1000万円の借金が判明
相談後
弁護士が迅速に相続放棄の申述を代行し、借金の返済義務を負わないようにするとともに、債権者からの追及をブロック。

80代女性の相続放棄

相談前
兄弟が死亡し、不動産と約2億円の借金の存在が判明
相談後
弁護士が相続放棄を代行するとともに、相続財産管理人の選任を申し立てることで、不動産の管理を継続する義務を免れました。

遺産相続、交通事故、債務整理など私達にご相談ください。